チャットレディは在宅の方が通勤よりデメリットが多い?

チャットレディは在宅・通勤のどっちがお得なのか?

全世界的に、テレワークや在宅勤務が急激に増えた、現在。
チャットレディの仕事も「在宅でやりたい!」と思う女性は、数多くいると思います。

しかし、チャットレディに関する、多くの口コミサイトやブログでは、通勤の方がおすすめであると、書いてある記事ばかりです。

なぜ、在宅で仕事をするよりも、通勤チャットレディの方が良いと言われているのか?
その理由について、在宅チャットレディをするには、どんなハードルがあるのかという観点から、詳しく調査してみました!

また、従来のチャットレディの働き方とは違う、在宅でチャットをする方法についても、可能なのか検討します!

チャットレディの在宅はデメリットが多い|必要なものについても解説!

チャットレディを在宅でしたいと思う女性の多くは、「家事・育児のちょっとした隙間時間をより有効活用したい」「家から出るのが面倒」という方が多いと思います。

その点、在宅であれば、外に出る必要がなく、準備や移動時間といったロスタイムなしで、すぐにチャットを始めることが可能です。

その上、在宅は代理店経由でサイトと契約するよりも報酬率が高く、通勤時より時給換算でおおよそ1500円ほど、1時間当たりの報酬金額がアップします。

ですが、チャットレディを在宅でするには、いくつかデメリットもあるのです。
どんなデメリットがあるのか、詳しく紹介します。

在宅チャットレディは身バレの危険性が高い

チャットレディを在宅で行う際、一番の懸念事項は、身バレの危険性が高いということです。
通勤チャットレディと違い、普段から生活している自宅には、自身の個人情報が溢れています。

例えば、家に届いた郵便物や、窓の外に見える看板や建物といった街の風景。
学生の方であれば、本棚にある教科書の中に特殊なものがあれば、大学名や学部が分かってしまう可能性も、ないとは言い切れません。

在宅チャットレディの身バレ対策としては、チャット中にカメラに映り込まないよう、部屋をセッティングしたり、常にきれいに保っておく必要が出てきます。

しかしながら、映る映像に注意しても、個人のパソコンからライブチャットにアクセスすることで、個人のネットワークアドレスの情報が、他者に分かってしまうことも。
そのため、インターネットのセキュリティについて、自分で気にかけておく必要も出てくるでしょう。

在宅で実践できるノウハウが少ない

チャットレディのノウハウの多くは、通勤チャットレディ向けのものがほとんどです。
在宅の場合でも、最大限の効果を発揮するとは限りません。

報酬を増やすためのノウハウには、代理店が用意しているチャットルームのような、チャットに適した機材がそろっている、最適な仕事環境下であることが前提となっています。
そのため、在宅で実践できるノウハウはかなり制限されてしまい、在宅で高収入を稼げるようになるには、ハードルが高いです。

在宅でチャットをしようとする女性の多くは、カメラやマイクが初めから内蔵されている、ノートパソコンを使うという人が少なくありません。
そのため、カメラの位置や角度を変えたり、個別に明るさの調整をしたりすることは、難しくなります。

よって、ノウハウを調べる際には、在宅で使用する機材やチャット環境に適した、情報を探さなければいけません。
すると、利用できる情報が少なくなってしまうことで、有効な稼ぎ方が得られず、高収入が稼げるチャンスを棒に振ってしまう可能性があるでしょう。

モチベーションの維持が難しい

チャットレディにとって、自分のモチベーションの維持は重要です。

個人事業主として働くチャットレディは、人と一緒に仕事をすることは基本ありませんし、ノルマや罰金もありません。
そのため、モチベーションが低下してしまうと、チャットをしなくなってしまうため、報酬を得られなくなってしまいます。

特に、在宅でチャットレディの仕事を行う場合、仕事と生活との気持ちの切り替えがしにくくなりやすいです。
気持ちが切り替わらないことで、チャットの質が落ちてしまったり、男性会員からの人気が下がってしまい、報酬を逃してしまうという問題があります。

また、在宅で報酬を日払いしてもらうことは、基本どのサイトもできません。
通勤から在宅に変えたチャットレディの中には、すぐに結果が見えなくなったことにより、モチベーションが下がって、仕事を辞めてしまうということもあるようです。

チャットに必要なものが多すぎる

チャットルームと同様の環境を自宅にそろえれば、既出のノウハウを全て使えて、チャットの報酬を上げることができるでしょう。
ですが、全てのものを完璧にそろえるには、必要なものが多すぎるという欠点があります。

どこの代理店のチャットルームでも、基本そろえなければいけないものは、パソコン・WEBカメラ・ネット環境です。
しかし、機材は何でも良いわけではありません。

登録するサイトに合わせて、パソコンなら処理能力や容量、WEBカメラなら互換性のチェックが必須になります。
動画を遅延なく快適に配信するには、ネットの種類や接続方法・回線速度といった、知識も必要です。

その上で、仕事の報酬を上げるために、照明やレフ板・高性能マイク・画像加工ソフトなどが、代理店それぞれの判断で用意されています。
女性らしい可愛いインテリアも、チャットレディのイメージを良くし、人気を獲得するためには大切です。
通勤チャットレディなら当たり前の、衣装の無料レンタルも、在宅では基本利用できないので、自分で購入することになるでしょう。

これら全てをそろえようとすると、数が多く、莫大な初期費用がかかってしまうため、経済的ではないと言えます。

チャットレディを在宅でしたい!スマホアプリなら大丈夫なのでは?

チャットレディを在宅で行う時、「スマホを使うとアプリが使えて便利なのでは?」「在宅のデメリットを回避できるのでは?」と考える方も、いるのではないでしょうか?
確かに、スマホはパソコンよりも機動性に優れており、ノウハウを活かすことのできる場面が増えます。

こう考えると、スマホを使えば大丈夫かと考えがちですが、現状はデメリットの方が多いです。
理由としては、大きく2点が挙げられます。

スマホはネット回線のエラーが出やすい
スマホでチャットをする際、モバイル回線を利用すると、月の途中で通信制限がかかってしまいます。
また、スマホはネットを有線で接続できないため、ネット回線はWi-Fiの調子に左右されることに。
ネットワークエラーによって回線が切れてしまうと、ライブチャットのアプリが落ちてしまったり、報酬を取り逃してしまう可能性が高いです。
サイトによってはスマホに対応していない
続々と大手のライブチャットサイトも、スマホ用のアプリを提供し始めていますが、スマホ対応に完全に追い付けているとは言い切れません。
システムのアップデートが十分でないうちに始めてしまうと、報酬をいざ換金しようとした際に、トラブルが発生してしまう不安があります。

今後、ネット回線の主流が5Gなり、今より快適な通信が確保されるようになれば、スマホでチャットをする環境が、大幅に改善される可能性は高いです。
スマホチャットレディが本格的になれば、ライブチャットのサイト側も、次第にスマホアプリに重点を置くようになるかもしれません。

ですが、今のところは、パソコンの方が通信が安定していて、使い勝手が良いです。
チャットレディの仕事をすぐに始めるとしても、いずれはスマホに変更したいと思うのであれば、代理店を利用し、初期費用をかけずに始めることをおすすめします。

現在チャットレディは在宅より通勤がお得&確実に稼げる!

現在におけるチャットレディの仕事は、在宅より通勤でした方が、費用がかからず経済的!
通勤であれば、効果的なノウハウが豊富にあるので、高収入も確実に得られて、大変お得です。

さらに、通勤チャットレディは、在宅のデメリットで挙げた内の、「身バレ対策」や「モチベーションの維持」にも効果的。
チャット中の背景に神経質になる必要はありませんし、経験豊富な代理店スタッフが、目標の管理と日々のサポートをしてくれます。

チャットレディ代理店であれば、サポート体制が充実しているのはもちろんのこと、ネットワークセキュリティにも力を入れていて安心です。
新人ボーナス・ランキングボーナスといった、豊富なボーナス制度があることによって、
自然とモチベーションが上がるところも、おすすめポイントと言えます。

必要なものが全てそろっている、快適なチャット環境を求める方は、環境整備に力を入れている代理店が良いでしょう。