起業する方法

チャットレディが起業家に!?開業届についても詳しく解説!

チャットレディで起業する人は想像以上に多い

チャットレディの仕事を始める女性には様々な理由があります。ママ友とのランチ代を稼ぐために扶養内で稼ごうと思って始めたり、副業だったり中にはとにかくお金をたくさん稼ぎたい人など理由を挙げればきりがありません。 お小遣い程度や扶養内と考えていた人は、いざ仕事を始めてみるとチャットレディの稼ぎやすさに驚くことでしょう。 一定の金額を稼ぐことで、チャットレディの仕事は確定申告が必要になります。より稼げるようになることで、所得控除を増やすために青色申告を考え始める人が増えていくのです。 しかし、青色申告をするためには開業届を提出して起業しなければいけません。起業と聞くとハードルが高いように感じますよね。実はそんなに難しく考えることではないのです。 今回は不安に思う人のために開業の仕方や青色申告のコツ、開業をしなくても所得控除を増やす方法についてご紹介していきます。

チャットレディの起業方法!開業届と確定申告とは

起業と聞くと「まず始めに資金調達が必要」というイメージがある人も多いかもしれません。しかし、チャットレディが起業する場合資金調達は必ずしも必要ではないのです。 株式会社などと違って、個人事業主として働く場合は資金がなくても開業することができます。チャットレディが起業してから確定申告をするまでの流れをご紹介していきます。

開業届の提出

チャットレディが起業するには、開業届を税務署に提出する必要があります。開業届の作成はとても簡単です。用紙を用意して必要項目の記入をし、税務署に提出するというシンプルな手順になります。 開業届の入手方法は2つあります。

  • ● 税務署の窓口でもらう
  • ● 国税庁のサイトから印刷する

自宅で印刷環境が整っている人は印刷すると便利でしょう。税務署に行って用紙をもらい、そのまま税務署の人に聞きながら記入するという方法もあります。記入内容もシンプルです。

  • ● 住所・氏名・マイナンバーなどの個人情報
  • ● 業種・所得の種類
  • ● 開業日
  • ● 必要な場合は屋号

こういった内容を記入後、押印をして本人確認書類の提出または添付をします。この際に控えの印刷も必要になりますが、控えにも必ず税務署の受領印を押してもらうことを忘れないようにしてください。 控えの用紙は後々資金調達が必要になった時などに、事業の証明として必要になってきます。控えであることの証明である受領印をしっかりもらい、大切に保管しておきましょう。 そして、青色申告の控除を受けたいと思っている場合は「青色申告承認申請書」の提出も行います。これを提出することで青色申告控除を受けることができるのです。反対に、提出を忘れてしまうと控除を受けられないので注意してください。 簡単な流れではあるけど少し面倒だと感じたり、記入漏れが出ないか心配だったりする人はクラウド会計ソフトの使用をおすすめします。クラウド会計ソフトでは選択肢に答えていくだけで開業届を作成してくれます。同時に青色申告承認申請書も作成してくれるので安心して提出できますよ。

開業届を提出するときに気を付けたいこと

チャットレディは稼げる仕事だからといって、どんな人でも開業届を出したほうがお得というわけではありません。開業届を出したほうがいい人と、出さないほうがお得だという人は個人によって分かれます。 自分で開業をするよりも扶養の範囲内のほうが住民税や所得税がかからないという場合もあります。開業届を出さずに雑所得として申告することも可能です。自分の働き方によって収入もかわってくるので、しっかりと考えてから開業届を提出しましょう。 また、開業するには事業所得として認めてもらう必要があります。

  • ● 独立して行うことのできる事業
  • ● 継続する見込みのある事業
  • ● 反復して行われる仕事

この条件を満たさなければ事業所得として認めてもらえません。そのため、チャットレディの仕事を始めてすぐに開業届を出すのではなく、このままビジネスとして継続できると確信が持てたときに起業することをおすすめします。 チャットレディとして事業が継続できなくなった場合、廃業届を出す必要も出てきます。廃業届を出す手間も出てきてしまうので、よく考えてから開業届の提出をしてみてください。

帳簿作成・申告書類の作成をして青色申告

青色申告の場合、複式帳簿を選択することで所得控除を上げることができます。単式帳簿と複式帳簿では所得控除の金額に大きな差ができてしまうので、複式帳簿を選択するようにしましょう。 複式帳簿では、2種類以上の帳簿の作成が必要になります。1つだけでも難しそうなのに2つも作成するのは無理だと思う人もいるかもしれません。しかし、簿記の知識などがなくても帳簿作成ソフトを利用することで簡単に帳簿の作成ができます。 帳簿には経費や売上を記載しますが、経費になるもののレシートや領収書は保管義務があるため大切に保管するようにしてください。 また、確定申告書を提出する際に青色申告決算書の提出も必要になります。決算書の記載方法はよくわからないという場合でも、帳簿作成ソフトが活躍します。帳簿作成ソフトを普段から利用している場合は、決算書も自動的に作成してくれるのです。 所得控除を増やすことも、難しいことをする手間も省けるよう使えるものは使って節税をしていきましょう。 確定申告書の作成方法はこちらの記事で詳しく説明しています。

チャットレディで起業するのが面倒ならこの方法!

チャットレディとして起業をするのは簡単だとお伝えしましたが、中にはどこが簡単なのかわからないと感じた人もいるでしょう。税金や法律に関する知識が全くない人にとっては正直未知の世界だといってもおかしくありません。 また、確定申告でミスをしてしまうと後々ミスした分のお金に上乗せした金額を払わなければいけなくなります。後々大変なことになってしまう不安から、専門家に任せたいと感じる人もいるかもしれません。 様々な面で起業に対する不安を感じたり、理解はできても面倒だと感じてしまったりする人には代理店へ登録し正社員として働くことをおすすめします。チャットレディ代理店の正社員になると様々な利点があるのです。

帳簿の作成や確定申告の必要がない

チャットレディは一般的には業務委託の仕事なので、毎年確定申告が必要になります。しかし、チャットレディの代理店で正社員になることで確定申告の必要がなくなるのです。同時に確定申告を行うためにコツコツ付けなければいけない帳簿も作成する必要がなくなります。 帳簿付けも所得の申告もしなくて済むことによって、レシートを集めたり節税に頭を悩ませたりすることもなくなるのです。チャットレディという仕事であっても、正社員になれば一般的な会社員と変わらない待遇を受けることができます。 正社員となることで、年末調整を会社が行ってくれます。多くのライブチャット代理店では機材や衣装のレンタルを行ってくれるのでチャットレディとして計上できる経費は少ないため、正社員になることの利点は大きいといえるでしょう。 青色申告で必要になる複式帳簿を付けることも必要なくなるので、より仕事に集中することができます。

給与所得控除を受けることができる

自分で起業をするにあたり、青色申告控除が受けられることが大きな利点となります。しかし、正社員として働くことで青色申告は受けられなくなってしまいます。そう考えると不利な気もしますが、正社員として働くことで報酬ではなく給与として収入を得ることができるので、給与所得控除を受けることができるのです。 一般的な会社に所属した場合、スーツ代などは自分で用意するでしょう。こういった出費は経費として計上できません。チャットレディの場合は衣装や機材のレンタルができる場合がほとんどなので、給与所得控除を全て個人事業主でいう経費にできるのです。 青色申告控除の場合令和2年度で最大65万円ですが、給与所得控除は収入が上がるごとに控除額が上がるという利点もあります。手間は減り控除額も増えるので利点は大きいのではないでしょうか。

クレジットカードや賃貸契約の審査が通りやすい

個人事業主として起業するデメリットとして、クレジットカードや賃貸契約の審査が通りにくいという点があります。業務委託の仕事は不安定な収入であることが多いため、返済できないのではないかと思われてしまうのです。 そんなデメリットとは反対に、正社員として働いている場合は安定した収入があるとみなされてクレジットカードや賃貸契約の審査が通りやすくなるのです。キャッシュレス化が進む現代でクレジットカードを持たずに生活をするのは窮屈になってくるでしょう。 また、家を持たない生き方が主流となって来ているので賃貸契約の審査は今後課題となってきます。今学生でチャットレディとして働いている女の子の場合、将来の投資としてチャットレディの正社員になることを考えてみてはいかがでしょうか。

チャットレディの起業に悩んだら代理店に頼ろう

チャットレディの起業は面倒な作業は付きまといますが、慣れてしまえばやることは簡単かもしれません。ただ、慣れるまでがなかなか大変だという人も多いことでしょう。 少しでも悩んだことがあれば、代理店へ登録することをおすすめします。代理店によりますが、親身に相談に乗ってくれるところが多くありますよ。 中でもチャットレディ代理店によっては顧問税理士や経理担当のスタッフに相談できて安心できます。 また、正社員制度もあるので面倒なことは苦手だという人にはとてもおすすめです。福利厚生も受けられますし、高額ボーナス制度を受けることもできます。 少しでも迷ったらチャットレディの求人サイトから電話やメールで問い合わせてみてはいかがでしょうか。